前へ
次へ

靴下を履くときの腰痛は大腰筋のダメージも

痛みさえなければ普通にできるはずなのに、靴下を自分で掃く動作だけでも腰痛を感じるケースもあります。下を向いて靴下を履こうとする時に、最も使われるのは大腰筋であり、脚を自分で持ち上げた際に使う筋肉です。正しいポジションに内臓を保持したり、太ももなど足を上げたりするとき、大腰筋は日々大活躍をしてくれます。普段は元気に動いてくれますが、大きな負担が筋肉にかかってしまうと、靴下を履く簡単な行為の時でさえ痛みを感じるのも子の筋肉です。力になってくれる半面で深い位置にあるのも大腰筋ですから、何かしらの原因でダメージを受けると、回復をするまでに時間がかかります。腰痛の原因にもなりますので、大腰筋は日頃からのケアで、できるだけ柔軟な状態で保たなければなりません。柔らかい状態が維持されることで、トラブルの発生確率は大幅に軽減をされます。健康状態の良い大腰筋であれば、靴下を履く行で腰が痛くて、毎日大変な思いをする必要もありません。

Page Top