前へ
次へ

運動不足と腰痛の関連性とは

腰痛は腰に痛みが発生するので、運動不足になってしまいますが、運動不足になる事で更に腰に悪影響を与えてしまいます。体の筋肉が減る事で、全身のバランスが悪くなり、腰以外の部分にも負担がかかってくる可能性があり、腰痛等を防ぐには適度な運動を習慣化させる事が大切になってきます。しかし腰に痛みがある時は無理に運動をすると余計に腰に負担を与えてしまうリスクもあるので、痛みが無くなってから運動を習慣化させた方がいいです。腰痛になってから、数週間経っても症状が緩和しない場合は、病院に行く事が大切になります。椎間板ヘルニア等になっているケースもあるので、早期に治療をしなければ、痺れが発生したり、歩行困難になってしまう事もあるので、注意した方がいいです。病院を診察して原因が分からない時もありますが、大きな腰の病気が発症していない事が分かるだけでも、安心感が全く違います。腰への負担を考えて、余りにも体を動かさないと逆に腰に悪影響が出てしまいますから、適度な運動で腰を守る事が重要になります。

Page Top